スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水換え中 

220㍑の水換えは結構ヘビーです
水換え中 水換え中
魚を入れたまま水を抜きすぎると・・・
水換え中 水換え中
水槽以外で金魚の横見なんて・・・
設備 水換え後
金魚を入れる前と入れた後です

一応、横にも220㍑の2歳魚の船がありますので途中で移動しての水換えでした

本来ならば一日水を寝かして移動したほうがよいのですが、浄水器も付けていますし天気も良かったので、即移動しました

ざるの中身は石垣島のサンゴです
水の安定のために入れています

水を換えるときでもないとゆっくりと魚を眺めることも出来ませんが、改めてみるとなかなかの迫力ですね
スポンサーサイト

黒洗面器 

黒い子を黒洗面器で撮影すると、フラッシュを焚かないと写りません
しかし、フラッシュを焚くと・・・
黒系 黒らんちう
ちょこちょこっと黒をピックアップ 黒らんちうももっと黒のならないとだめですね・・・尾はいいのですが
黒らんちう 黒らんちう
当歳と二歳二匹ずつです さらに3歳親も参加

今年は何とか黒ランチウ候補2匹が出ましたが、色が抜けないようにしたり、黒を強くしたりすることは結構難しいものです

だからこそ出来た「黒」には価値があるんでしょうね

飽きない色です
素赤にしても真っ黒にしても・・・

大きくならない琉金 

一応、琉金さんも産卵したのですが、大きくなりません

土佐
いろんな子と一緒に飼育しています
琉金 琉金
体型や背成りはいいのですが・・・
琉金 琉金
左の子は背が甘いです

そもそも産卵自体の数が少なく、100個位の卵から4匹残ったのですから血筋は良かった?のかな

♀親、現在二歳はなかなかのサイズまでになっています
来年は、♀3匹いますから再チャレンジですかね

上の子達は来年もう少し大きくなってくれたら、再来年♂で使えるかもしれませんね

PS 一匹琉金なのに褪色していませんね
なんだか不思議です

さすが、土佐の源流だからかな???

土佐錦当歳 

さて、遅れに遅れている土佐の当歳です
小さいときの病気が入って大変でした
シュリンプを与えても与えても大きくならず・・・

しかし、ヒーターを使いながらここの所、何とか多少大きくなってきました
土佐 土佐
洗面器に25匹位入ってますか? 土佐は褪色が遅いので3年目でやっと色が抜けるのも珍しいないとか・・・
土佐 土佐
ませた子がちらほら出てきています
土佐 土佐
こちらには30匹位入っているでしょうか? 上の事は兄弟ですが小さい子を別に分けて飼育中です こちらのほうが水が濃いので体色が濃いですね
土佐 土佐
変な虎はげの子がいます

ここでやっと土佐錦の現状が見えてきました
2歳魚以上は60匹位いるのがわかっていたのですが、当歳は漠然とでも数を数えたのは本日が初めて・・・

当歳55匹位
二歳以上60匹位、計120匹前後・・・ですか

来年の産卵後には、金魚屋さんに持っていく予定にしていますので、春までの大所帯です

数年前までは、買って来ては☆の繰り返しでしたが、何とか起動にのりつつあります

土佐2二歳 

昨年生まれの土佐錦さんです

土佐 土佐
少し小さい組の子達ですが、まぁ~なんとも艶やかなこと
土佐 土佐
こんな感じで同じサイズ位の子で一塊で飼育しています
土佐 土佐
こちらは少し大きめの子で当歳のジャンボ系の子とゆったりと飼育中 いや~自家産の土佐の2歳の中で一番のお気に入りです
土佐 土佐
少し地味目ですが、尾のゆったりとしたなかなかの土佐ですね

来年は子の子達で産卵です
うまくいけば10~15腹は産卵可能な個体数になりました
ガンガン産卵して、卵のときに金魚屋さんにもって行きますよ


黒竜 

今度は黒竜の当歳です

黒竜 黒竜
7匹残ったようです
黒竜 黒竜
左の子はなかなかの体型なのですが、左目が小さいですね 右の子は目が小さいですが頭に肉瘤が出ています ♂ですから来年期待できますね 
黒竜 黒竜
この子は色の薄いタイプです ♀親そっくりですね
黒竜 黒竜
この子は目が良く出ています ♀ならば期待大ですね
黒竜 黒竜
この子も目も体型もなかなか ♂でも♀でもOKですね
黒竜 黒竜
今年初めて黒竜を取ってみましたが、なかなか面白い品種ですね

しかしながら、条件が厳しいのでなかなか数が残りません
単価が高くなるのも仕方がありませんね

まずは目の出方
そして丸み
最後に黒味

同じ兄弟でも、出目パールのほうが甘い基準でよいので手に入りやすいかも

しかし、疲れました

出目パール 

今年生まれの出目パールです

出目パール 出目パール
さすが、キャリコ系の金魚はにぎやかですね
出目パール 出目パール
白地がはっきりしているので、黒いぶちも映えますね
出目パール 出目パール
更紗と言うか、鯉の紅白みたいな感じでこれまた趣がありますね
出目パール 出目パール
出目パールは多くおまれ他のですが、やはり10匹ほどしか残りませんでした なにせ、目の不ぞろいがだめなので、どんどん数が減ってしまいます
出目パール
つい、転覆が怖くてえさを控えめにしてしまいます なかなか大きくなりませんね
出目パール 出目パール
白い子も、なかなか愛らしいです

出目パールとの付き合いもこれで三年目

何とか形になりつつあります
来年は、金魚屋さんで多く産卵できたら、我が家は出目パール卒業となりそうです

最終的には土佐錦とらんちうだけになりそうですが、まだ、この期に及んで飼育設備を拡張していますので、もうしばらくは多くの品種&匹数に囲まれそうです

17日の子 

10月17日の黒ジャンボの子です
ジャンボ東
これは♀のようです
ジャンボ東 ジャンボ東
こちらは♂っぽいですね

黒ジャンボも2000個位は卵が取れたのですが、残ったのはたったの3匹
なかなか厳しいです
もっとも金魚屋さんへ行った養子は、大きな池でのびのびと育ったはず・・・

知らず知らず、皆さんのうちへ広がっていっているんですね


さらに・・・ 

昨日の2歳の子・・・ではなく先日の親ジャンボの子です
昨日の♀でも産卵をしたのですが不発でした
いい子が出ませんでした
ので保険で産卵していた親の子です
ジャンボ東 ジャンボ東
いかがでしょう?昨日の♀に似ていますし、随分と幼さを感じませんか?
ジャンボ東 ジャンボ東
こんな感じで、まだまだ小さいのですがさすがジャンボの血筋
春を迎えると急にグッと大きくなります

親ジャンボはタモからはみ出て持ち上げるのに重たい位になっています
頑張って大きくなってちょうだいな

 

大きくなった子供達 

19日にアップしたジャンボ夫婦の昨年の子達です

ジャンボ東 ジャンボ東
♀で今年産卵しました なかなか青い色が出にくいので大変です
ジャンボ東
2年目でこのサイズ まだまだ研究の余地ありですね
ジャンボ東 ジャンボ東
♂でなかなかの大きさの子です お父さんそっくりな子です
ジャンボ東
設備が小さいとこんな感じで尾がどうしても曲がってきます
ジャンボ東 ジャンボ東
これも上の二匹と兄弟です
ジャンボ東 ジャンボ東
昨年の子は、この4匹だけ残しています

今年も4匹残していますが、なかなかよい子は残りませんね
そろそろ、らんちうさんに力を入れなきゃならない状況になってきていますから、今年みたいにいろんな種類の産卵は出来ないかもしれません

黒竜の母 

今年は、黒竜と言う品種の産卵に挑戦しました
出目パール(龍眼珍珠鱗)というかなり珍しい品種です
その中でも、黒だけを黒竜と言う呼び方をするんですね
もっとも難しいのが、黒で色をとめること

黒竜 黒竜
この子は、今年の産卵の♀親です
黒竜
3歳なのですが、お腹のほうから色の褪色が始まってしまっています
こんな感じで、当歳から色が抜けてしまってり、真っ黒にならずにグレーっぽくなったりしてしまいます
眼の出方も小さいですし、色も真っ黒と言うわけではないのですが子供達の中からは、なかなかの子が出てきていますよ

これは写真の関係で後日のアップ、予定しています


明日もPM8:41にアップ予定でセットしてみました (22日までセット完了)

人気者? 

金魚好きならば定番の琉金さん
琉金 琉金
2歳の♀
琉金 琉金
こちらは姉妹です 上の子と似ているでしょ?
琉金 琉金
こちらは上の姉妹のおばさんです
琉金 琉金
こちらは上の姉妹と兄弟です
 琉金 琉金
♂はなかなか大きくなりませんね

上の姉妹は試し腹という産卵で少しだけ産卵したのですが、まぁ~大きくならないこと

豆琉って琉金の楽しみ方があるらしいのですが、なんともまぁ
一丁前に背成南下はいいんですよ

後日写真を撮るチャンスがあればその時にでも・・・

明日もPM8:41にアップ予定でセットしてみました (22日までセット完了)

大きい子達 

3歳のジャンボ東です
ジャンボ東 ジャンボ東
今年は多くの卵を出してくれました 自宅で生まれた子がここまで大きくなってくれるなんて・・・
ジャンボ東 ジャンボ東
夫婦仲良く・・・よい子を産んでくれます
ジャンボ東 ジャンボ東
こちらは♂です なかなか凛々しい姿です
ジャンボ東
飼育設備が狭くてそろそろ限界です

本来ならば、40センチオーバーにもなるジャンボ系統

大きな池などで飼わなければこのくらいが限界っぽいです

来年も産卵した卵を金魚屋さんに預けて大きくしてもらおう

明日もPM8:41にアップ予定でセットしてみました(22日までセット完了)

日向ぼっこ 

庭で目があってしまいました

かべちょろ かべちょろ
暖かい日が日が多いので、ちびすけも見かけます
かべちょろ
そろそろ冬眠の時期になりますね
今年も楽しませてくれてありがとう

あっ尻尾が色違いって事は・・・一度尻尾が切れたんだぁ~

PS タイマー投稿って出来たんですね
明日はPM8:41にアップ予定でセットしてみました

黒・・・ 

頭がもこもこしている金魚さんってかわいい?気持ち悪い?



黒らんちう 黒らんちう

なかなかの肉隆ですね どうしても江戸錦の系統なので体が短い
黒ジャンボ 黒ジャンボ
いかがでしょう?オランダ系統らしい体型 なかなかの迫力です
黒ジャンボ
 飽きのこない感じがしますね

黒い洗面器と白い洗面器で随分と感じが違います

フラッシュを焚くのでシロっぽくなりますが実物はかなり黒い個体なんですが・・・

土佐錦 

土佐錦2歳です
2歳魚は何匹位残っているんでしょう???
先日数えたときには、3歳以上あわせて60匹位いたと思うのですが・・・
当歳も今年は難しかったので、小さい子が60匹位残っているだけですね

土佐 土佐
なかなか大きくなりません 小ぶりな子達です ほぼ素赤なので地味に感じてしまいますね
土佐 F1キャリコ土佐

左の子はなかなか艶やかでしょ? 右の子は土佐とキャリバタの子でキャリコ土佐になるいわゆるF1ってやつですね
土佐 土佐
この子達は昨年末には結構大きくなっていたので、十分な大きさがあります
結構見ごたえがあるでしょ?

今現在、新規の別筋の♀も確保していますので、来年の産卵に向けて準備万端って感じです
さてさて、来年の土佐の産卵数はどうなるんでしょうね

春まで体調を崩さぬよう、慎重に慎重に・・・金魚も私も

青こけ 

水換え後の新規設備の青こけの様子です
らんちう らんちう

らんちう らんちう

右端のブルーシートと比較してみても、青こけの付き具合が随分と判ります
日当たりがよいので、あっという間に苔の絨毯の完成です
この苔が、金魚の色を揚げますし頭のこぶを大きくしてくれます

もっとも真夏の時期に青水や苔を多くしすぎると、体色や頭にはよいのですが大きくなりにくいので、苔を落としてさら水で飼育するわけですね

もう少し大きくしたいので、苔だけ残して青水は完全にさら水に換えました

黒らんちう 

自家産の黒らんちうです
まぁ~褪色してしまって、なかなか黒で残りません
♀が良かったので形はよいのですが・・・
黒らんちう 黒らんちう
左の子は何とか黒くなってくれていますが、右の子みたいに褪色してしまって、中途半端ならんちうさんになる子がでて来ます
黒らんちう 黒らんちう
これは左が1ヶ月前で右が本日撮影 随分と黒くなってきました
産卵時期が遅かったので大きくなっていませんが、江戸系の黒らんちうに比べたら、明らかに体型が良い

上段の左の子は、残念ながら泳がせ方が足りずに尾が上がってしまっていますが右下の子は期待大です


水換え中 

天気も良かったので、水換えをしました
何せ数が多いもので、2時間コースとなってしまいました
そのときの写真の一部を・・・
キャリバタ 黒キャリ

キャリバタ 黒キャリ

キャリバタ 黒キャリ

キャリバタ
 
キャリバタ キャリバタ

2歳のキャリコバタフライの兄弟達です
さすがに似ている?かも知れませんね

一番下の2枚の写真は、左が昨年末撮影で一年後の写真との比較です
特にこの子は小さかったので(体がちょうど小指位の太さ)見間違えたほどです
少し写りこんでいる指先と比較して見ても、倍位の太さになっています

この子は、尾が長くロングテール系だったので印象が強いんですね
すぐ上のショートテール子と比較してみても、その長さ見は魅力を感じますね

で、早くも脱線 

とある夏の日・・・

バケツに落ち込んでいた生き物発見

やもり やもり


やもり やもり


これまた、ちいさなやもりさん
今年は本当に多くの大小のやもりさんに出会いました

今夜も大きな子が電気の所にいましたが、いつまで出てくるかな?

寒さに負けずにもう少し楽しませてくださいね

PS
最後に逃がすときに指にうっすらと血が付いていたので気になっていたのですが、まさか尻尾が折れていたなんて・・・

ごめん

やっと・・・ 

いゃ~、娘の入院やらPSのウイルス感染やらでPCの前には座るものの、他所様のブログにもまったくお伺いできない状態でした

とどめにベランダに緊急で金魚の入れ物を作り出してしまって・・・

増設 増設

増設 増設

らんちう らんちう

180cm×70cmのサイズで作成・・・二台
厚さ2.5cmの断熱材を切り、深さ20cmのものにブルーシートを張り、透明のビニールで覆って使っています
以前は80㍑のプラ船を置いていたんですが使うこともなく放置状態でした
しかしながら、今年はどうしてもらんちうさんをまだまだ大きく、かつ元気に11月まで引っ張らなきゃならないほどできが良い子達だったもので・・・
ヒーターを使えばよいのですが、何せ日中でも18℃位しかありませんので、23℃以上に保つためにはかなりの無理が
そこで洗面器を使ってベランダの水温を計った所、ビニールの多い無しで25℃、ビニールで覆うと、ななっなんと35℃位まで水温が上がるじゃあ~りませんか
なので、速攻二階のベランダに増設開始しました
らんちう らんちう

左の子は♂でかなりできのよい子です 尾皿も尾張りもかなりのもの
右の子は♀で会員で分けた兄弟もそれぞれかなりの出来のよさです
この二匹が本命ですね
らんちう らんちう

左の子は♂で上の白の子と良く似ています なかなかの出来
右の子も上の♀と良く似ていますが♂・・・今年は是非とも♂が数匹ほしかったので来年の産卵はかなり期待しております
らんちう らんちう

左の子は筒もなかなか太く、種として期待しています
右の子は♂なんですがなかなか大きくなりません 別系統の子なので血筋としてはかなり期待しています(超有名ブリーダー筋)
らんちう らんちう

左の子は♀です なので頭はこれだけ付いてくれれば大成功なのですが長さが足りないことと尾の張りが・・・卵には期待しています
右の子も♀です これも小ぶりなブリーダー筋 頭も付かず苦戦中ですが筒もまずまずなので、産卵に期待です
らんちう らんちう

三匹それぞれの特徴を持つ兄弟
筒の太みや頭など、期待しています
らんちう らんちう

左は昨年の子で♀、今年試し腹で産卵させておきたかったのですが、♂が居らず不発
右は3歳の♀、黒ランチュウ試し腹でなかなかの子が出ていますので、来年の超本命です
らんちう らんちう

3歳としては小さいのですが、今年の子は昨年までの子と比べても順調に大きくなっていますので、技術もぼちぼちとは向上しているようです

といった感じで、らんちゅうさんに振り回されておりますが、今年は良い経験が出来た一年のようです

ちなみに、いつもは90cm×150cmのプラ船を使っていますので、増設の設備とはそれほどサイズ的には変わりませんが、なにせ日当たりが・・・

環境は大切ですね

今後はぼちぼちと更新できそうなので、気が付いた方は是非コメントおながいしま~す
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。