FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青こけ 

水換え後の新規設備の青こけの様子です
らんちう らんちう

らんちう らんちう

右端のブルーシートと比較してみても、青こけの付き具合が随分と判ります
日当たりがよいので、あっという間に苔の絨毯の完成です
この苔が、金魚の色を揚げますし頭のこぶを大きくしてくれます

もっとも真夏の時期に青水や苔を多くしすぎると、体色や頭にはよいのですが大きくなりにくいので、苔を落としてさら水で飼育するわけですね

もう少し大きくしたいので、苔だけ残して青水は完全にさら水に換えました

スポンサーサイト

コメント

お伺いします。

無知なもので、少々お伺いします。
らんちゅうさんというのは、頭がボニョボニョした金魚ではないですか?
こちらでらんちゅうのところを見させて頂いたのですが、イメージするものより
スタイルが良いので私の思っているものはらんちゅうとは言わなかったのかな?
と混乱しております。教えて下さい。

おひさしぶりです

きれいな青水ですね。
先日青水飼育した金魚を見る機会がありまして、あまりの状態の良さに目を見張りました。ウンチもすごいし。
やっぱり青水の効果ってすごいんですね。
とはいいつつ室内飼育で青水は厳しいし、良いとわかっていてもなかなかできないのが残念です。

きんぎょさんへ

らんちうさんは、上の写真の子の種類をいいます

頭がぼこぼこ出ているタイプを基本的には獅子頭といいます

オランダ獅子頭と言う系統は、らんちうさんに背びれがある体系で、色もさまざまありますよ

赤、黒、紅白、シルバー(青)、茶色など、色によっても呼び名が変わります

オランダ獅子頭で検索してみたら、きっといっぱい出てきますよ

ちなみに、もっとこれから頭がモコモコしてきますので、イメージに近くなるかもしれませんね

むーちょ さんへ

むーちょさんのところも慌しいみたいですねv-393

青水・・・確かに表面の粘膜も厚くなりますし、色も揚がる(濃くなる)から金魚さんにとって、よいことが多いのは確かです

しかし、繁殖をしている人でもさら水で青水を使わずに仕上げる人も多いですから、室内でレベルアップがんばりましょうね

種水といって、青水がある方から水を分けてもらって、蛍光灯の照射時間がある程度あれば薄青水は室内でも作れると思いますよ

もっとも、ガラスにコケがついてしまう率のほうが高いですがv-399

そうそう、ベランダ使えませんか?
少しでも日が当たれば楽しめるんですがねぇ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://suigyokai.blog34.fc2.com/tb.php/262-dbc90781

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。